香川県での骨董品の買取、鑑定、査定のことならマーベラスアートまで

  • 2022.02.10
  • カテゴリ:お知らせ, 日記
  • 【永澤永信作 白磁千筋銀火屋香炉 銀火屋 約48g 共箱】

    永澤永信作 白磁千筋銀火屋香炉 銀火屋 約48g 共箱になります。

     

    四代永澤永信(ながさわえいしん)は、1938(昭和13)年に兵庫県出石郡出石町(現 豊岡市)で、代々受け継がれてきた出石焼の窯元の家に生まれました。高等学校の在学中に美術館で鑑賞した、富本憲吉の陶芸作品にいたく感動し、京都市立美術大学(現 京都市立芸術大学)に進学します。陶磁器を専攻し、富本に陶芸を基礎から学びました。大学を卒業後は郷里の出石に戻り、オブジェを中心に作陶活動を行い、1965(昭和40)年には日展に初入選。以後は日展、日本現代工芸美術展、兵庫県工芸美術作家協会などを中心に活躍しています。1979(昭和54)年には四代目永信を襲名し、1995(平成7)年と2000(平成12)年には、日展で特選を受賞。永澤の作り出す白磁は現在、首相官邸にて展示されるなど、県内外で高い評価を受けています。

    今のスタイルである白磁のうつわは、地元で採れる石から純白の素地を作り、ろくろで丸みのあるかたちに仕上げられ、やわらかな雰囲気を醸し出しています。器面には、軽やかなタッチで直線や曲線の模様が施され、その上から掛けられた、かすかに青みを帯びた透明な釉薬が、模様を引き立てています。雨や空、湖など、自然から着想を得た作品は、出石焼の伝統的な白磁を意識しながらも、作り手の心象風景が色濃く投影されているといえるでしょう。

     

     

     

    近日、出品予定です。

     

    こちらのサイトからご覧いただけます。

     

     

    ★買取★
    マーベラスアートでは皆様からのご依頼をお待ちしております。
    一点からでも、どんなお品でも、ぜひ一度拝見させてください。
    皆様お気軽にお問い合わせくださいませ!
    ※ご依頼・お取引の流れはこちらからもご覧いただけます。
    ★☆★

    
    MENU