香川県での骨董品の買取、鑑定、査定のことならマーベラスアートまで

  • 2021.04.02
  • カテゴリ:お知らせ, 日記
  • 【古民具 斑竹細工金具付御簾一対】

     

    古民具 斑竹細工金具付御簾一対になります。

    近日、出品予定です。

    こちらのサイトからご覧いただけます。

     

    【御簾(みす)】

    宮殿や社寺で用いる場合のすだれの呼称。材料によって葦簾,茅 (かや) 簾,菰 (こも) 簾,玉簾などの名がある。竹は黄色に染め,周囲に萌黄の縁をつけ,その上辺の広い部分を帽額 (もこう) といった。巻上げるときに使う鉤 (かぎ) のついた紐が上から垂れ,その紐には白,赤,黒に染め分けた房がついている。寝室ではひさしの内側に掛け,母屋では外側に掛けるなど,日よけとしてではなく,むしろ境界に用い,また風寒をさえぎり,外見を避けるのに用いられた。

    【斑竹】

    幹に斑紋(はんもん)のある竹。ウンモンチクやシチクなど。まだらだけ。

     

    ★買取★
    マーベラスアートでは皆様からのご依頼をお待ちしております。
    一点からでも、どんなお品でも、ぜひ一度拝見させてください。
    皆様お気軽にお問い合わせくださいませ!
    ※ご依頼・お取引の流れはこちらからもご覧いただけます。
    ★☆★

    
    MENU